増大することでコンプレックスは解消できる

包茎のペニスって、どうしても子供っぽく見えてしまうものですよね。お風呂屋さんなどに行っても、ほかの男性のペニスが、きちんとむけているのを見たりすると、威圧感を感じてしまい、自分のペニスをタオルで隠してしまう。ましてや彼女とセックスするときには、自分のペニスを見せるのが恥ずかしくて、セックスを思う存分たのしむこともできない。

また包茎は、亀頭にかぶった包皮と、亀頭とのあいだに、「恥垢」とよばれるカスがたまります。これは尿が固形化したもので、異臭を発し、どうしても不衛生となります。恥垢を栄養源とする雑菌が繁殖することになるので、恥垢の付いたままのペニスを彼女の膣に挿入すると、彼女の膣が、炎症をおこすなどのことになる恐れもあるんですね。

自分のペニスが包茎だと、どうしてもそうやって、コンプレックスをかかえ、悶々としてしまいがちになるわけですが、それって人生において、無駄なことだと思いませんか?ただ悶々と悩んでいるのだったら、増大サプリメントを飲むなど行動をおこしたほうがいい。人生とはそうやって、自分で切り開いていくものではないでしょうか。

現在、包茎手術の技法は非常に発達し、数時間の手術で簡単に、包茎を治すことができます。麻酔をしますから痛みもありませんし、きちんとしたクリニックで手術をすれば、傷跡が残ることもありません。1ヶ月もすれば、これまでどおり、セックスをすることも可能です。

それに増大サプリメントなら手術以上にリスクは少ないです。まずはクリニックへ出かけ、自分の悩みを相談し、話を聞いてみることも、明るい未来をつくるためには必要なことかもしれません。

手術以外の包茎治療方法は?

手術以外の解消方法としては、やはり増大サプリメントが一番お手軽かつ効果が高いです。
特にゼファルリンがは一番人気で、短期間で効果がでると話題です。

その他だと、「包茎矯正器具」といわれるものがありますね。
このような道具は「包茎手術をするのは怖い」或いは「恥ずかしくて無理」と考える男性にはおすすめのものです。
ただし包茎手術と比べれば、強い効果は出ないこともあります。

でもこうした道具を使うことにより、本当に効果があるのかよく判断できないうえに大きな個人差もあるようです。
もし包茎矯正器具を買う計画があるなら、それを実際に使用した人の口コミを調べるといいのです。
ここでは効果があるといわれる包茎矯正器具についてお伝えします。

真性包茎グッズ「キトー君」

真性包茎グッズとされるのが「キトー君」です。
これは真性包茎の改善を促すために作りだされた矯正器具となります。
何故真性包茎になるのかといえば、包皮輪といわれる開口部が狭いのがよくある原因です。
そのためこの包皮輪を広げることにより、真性包茎を解消できるように作られています。

こうした真性包茎グッズを使うと、その作用により狭くなっている包皮輪が広げられることになります。
もし一週間経ってもまったく効果がなければ、返品や全額返金が可能なシステムもあります。
真性包茎で悩んでいるなら、一度試してみるのもいいですね。

仮性包茎矯正リング「リセット」

こうした商品は、仮性包茎の矯正に使えるリングなのです。
日本人のなかでも6割近い男性たちが仮性包茎に悩んでいるといわれ、密かに我が国でヒットを記録した商品です。

そうなった理由は、やはり矯正リングが多くあるなかでも、新開発の特殊な素材によってつくられているからでしょう。
亀頭にやさしくて傷つける心配がありません。
装着していても特に違和感がないのもいいですね。

だから長時間使用できる人も多く、自然と亀頭を露出した姿にペニスを改善できます。

「キャスピー」

これも仮性包茎を矯正する目的で作られたリングです。
多くの日本人男性が持つ仮性包茎の悩みを、素早く解決するといわれる驚くべきリングなのです。
仮性包茎を特殊な素材を使ってあるリングで矯正してくれます。
着けるときも違和感は感じないことが多いです。

これも自然とむきグセがついて常に亀頭が露出している姿に改善できます。